養殖のポイント | 養殖の方法・改善なら【養殖.com】にお任せ!

06-4391-1666
受付時間平日9:30~17:00
HOME > 養殖のポイント

養殖の基本

養殖のポイント

養殖は成功させるために必要なことが多くあります。その中でも特に大切な4つのポイントを以下で紹介しています。

  • 水中溶存酸素量を基準値以上にする

    水中の溶存酸素量が基準値を下回ると、飼育生物が呼吸をすることができなくなってしまいます。

    また、溶存酸素量が減ることでヘドロが発生し、それに伴い毒物が発生します。飼育生物が過ごしやすい環境を作るためにも、水中の溶存酸素量は常に基準値以上になっている必要があります。

  • 収容密度を適正に保つ

    1つの養殖場に飼育生物を入れすぎると、共食いや疾病による死亡を引き起こします。

    しかし、養殖場に入れる量が少なすぎると採算が合わなくなります。多すぎず少なすぎず、収容密度は適正に保つ必要があります。

  • 運動量を増やす

    養殖の魚や貝が天然のものと比べて美味しくないと考えられている理由は、運動量の少なさに起因します。

    運動量が少なくなると脂肪が多い肉質になり、脂っぽくなります。運動量を増やすことで身が引き締まり、品質が高くなります。

  • 水温を適温にする

    魚や貝は変温動物であるため、少しの水温変化が育成に大きな影響を与えます。

    それぞれの飼育生物に合う適正な水温を保つことが養殖をするうえで大切です。

養殖とは 養殖の難易点